キャンディーズの軌跡 出会いからファイナル ラン・スー・ミキ画像も

キャンディーズ

キャンディーズ(Candies)といえば、1970年代に活躍した当時としては数少ない画期的な女性アイドルグループでしたよね。

メンバーは3人
伊藤 蘭(愛称はラン)1955年(昭和30年)1月13日 ~
田中好子(愛称はスー)1956年(昭和31年)4月8日 ~2011年(平成23年)4月21日
藤村美樹(愛称はミキ)1956年(昭和31年)1月15日 –

そんな3人の軌跡をさかのぼってみます。

出会い

3人とも東京音楽学院の選抜メンバーで構成された芸能グループ
スクールメイツ出身です。
キャンディーズ4
出会いはこの学院かと思っていたら、全く違うので驚きでした。

実は3人は1969年の夏に、奥多摩のキャンプ場で出会ったということです。

3人とも歌が好きということで意気が投合して、その後も交流が続いていたようです。

その後、渡辺プロダクション傘下の東京音楽学院に入ったのですが、どちらかというとあまり目立たった存在ではなかったようです。

最初の転機になったのは、NHKの新番組『歌謡グランドショー』のマスコットガールとして3人揃って抜擢された事ですね。

その時の番組プロデューサーから「食べてしまいたいほどかわいい女の子たち」を意味して「キャンディーズ」と名付けられたという事です。

確かに当時3人そろっていたらかなりの
可愛いオーラが出ていたんでしょう !(^^)!

しかし、『歌謡グランドショー』でもマスコットガール兼アシスタント(椅子・マイク運び・代理音合わせ)に過ぎずまだまだ目立つ存在ではなかったそうです。

大きな転機となったのはやはり出会いでした、

東京音楽学院をたまたま訪れた、当時渡辺音楽出版の社員だった松崎澄夫さんが、教室に入ってきたキャンディーズの3人を見て、「かわいい子がいる」と目を留めました。

彼のプロデュースによって即デビュー(1972年)が決まったそうです。

デビュー当時のメインボーカルはスーちゃん(田中好子)で、当時は最も歌唱力が高かったということです。

デビュー曲は「あなたに夢中」。

スーちゃんファンであった私にとっては申し分なかったのですが、反応はいまいちだったようです。

スポンサーリンク

人気アイドルグループへ

何枚かのシングルを出したころ、3人の中でランちゃん(伊藤蘭)だけファン層が異なっており、ファンにとって『お姉さん的存在』であることを発見したマネージャーの諸岡さんは、1975年(昭和50年)に発売した5枚目のシングル「年下の男の子」の時に方針を転換しました。

マネージャーの諸岡さんは、「お姉さん」的キャラクターのランちゃん(伊藤蘭)を、センター・メインボーカルにして前面に出すことを提案したそうです。

これが当たって初ヒットとなり、又オリコンでも初のベストテン入りを果たしました。
いつもそばにいたマネージャーだからこそ気が付いたことですね(^^)/~~~。

また、当時少し後にデビューしたピンク・レディーとは同じ女性アイドルグループとして比較されることが多かったようですが、当人たちはライバルというより同じ時代を生きる戦友のようなイメージをもっていたようで、

スーちゃん(田中好子)とケイ(増田恵子)などはとても仲がよかったようです。

スポンサーリンク

人気絶頂時の解散

1977年の夏、あの時の衝撃が伝説となった「解散宣言」

人気絶頂となりつつあったキャンディーズは、突如解散を発表しました。
誰もが「えっ?何で」と思い、学校でもおおいに話題になったのを覚えてます。

日比谷野外音楽堂のコンキャンディーズ7サートのエンディングで、突然3人は涙を流しながら叫びました。

ランちゃんが「私たち、皆さんに、謝らなければならない事があります」

ミキちゃんが「ごめんなさい」

スーちゃんが「許してください」と、それぞれファンに対して謝罪。

それから「私たち、今度の9月で解散します」突然の解散宣言をしました。

そのときランちゃん(伊藤蘭)が泣き叫びながら発言した「普通の女の子に戻りたい」という言葉は非常に有名になり、当時流行語になって現在では伝説の解散劇となっていますね。

この解散宣言は、事前に所属事務所の正式な了承を得ずに発表したこともあり、当然のことながらすんなりとはいかず事務所の説得と話し合いの結果、解散は半年間先送りされることになりました。

でも結果として、本人たちの思いに最大限そった形になったということだと思います。

ファンとは有り難いもので、解散発表後キャンディーズの人気は沸騰し、ラストシングルの「微笑がえし」では初めてオリコン1位を獲得しました。

後から分かったことですが、それまでシングルが1位を獲得したことが無かった3人ため、ファンをはじめ関係者が解散までには1位を獲得させたいとする支援の後押しがあったということです。

こうして、キャンディーズの人気は解散によってさらに盛り上がりました。

本当にファンのみならず、関係者にも愛されていたんですね。

スポンサーリンク

盛り上がった『ファイナルカーニバル』

キャンディーズのお別れコンサートは、1978年(昭和53年)4月4日後楽園球場に、当時としては空前の5万5千人を集め、当時は、マスコミが歌謡界史上最大のショーと報じました。

そうして私たちのアイドルグループ「キャンディーズ」はお別れコンサート(『ファイナルカーニバル』)を最後に、4年半の活動に終止符を打ちました(涙;。

くわえて後楽園球場でコンサートを開いたのは女性歌手(グループ)において、キャンデーズがはじめてだそうです。

そして『ファイナルカーニバル』で、キャンディーズが最後に述べた『本当に私たちは、幸せでした』の伝説の口上も有名で、私たちの心にいつまでも残ってますよね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください