キャンディーズ ランちゃん キャラで大ヒットそして伝説の解散と別れ

キャンディーズの ランちゃん の キャラとは

1969年に渡辺プロダクションが経営する東京音楽学院に入学し同期生にはスーちゃん(田中好子)・太田裕美さんがいました。

一年遅れてミキちゃん(藤村美樹)が入学し、3人そろってスクールメイツのメンバーに選抜されて番組のアシスタントなどもしていました。

1973年9月1日には、田中好子(スーちゃん)、藤村美樹(ミキちゃん)と共に
キャンディーズとして「あなたに夢中」で歌手デビュー(ニックネームはランちゃん。


*プロフィール*

ラン4伊 藤  蘭
いとう らん
生年月日:1955年1月13日
出身地:吉祥寺
職業 女優、ナレーター、元歌手であり、元キャンディーズのメンバー

本名、水谷 蘭 旧姓 伊藤
東京都武蔵野市吉祥寺出身

トライサム所属。
夫は俳優の水谷豊
娘は女優の趣里

愛称「ランちゃん」

 

当初はスーちゃんがリードボーカルを担当していましたが、ランちゃん(伊藤 蘭)の「お姉さんキャラ」をイメージして作られた5曲目のシングル「年下の男の子」以降から殆ど、ランちゃんがセンター位置のリードボーカルを担当するようになりこの立ち位置が大ヒットにつながりました。
キャンディーズ9

1977年以降、作詞や作曲も手掛けるようになり主な作品に、「つばさ」「アンティックドール」「黄色いカヌー」「へそまがり」「恋がひとつ」「今日から私は」「鏡の中で」「MOONLIGHT」「ろうそくの灯に」「ささやき」「悲しみのヒロイン」などがあります。

よほどのファンでないとわからないですよね。

スポンサーリンク

伝説の解散宣言

1977年7月17日、日比谷野外音楽堂でのコンサート中、突然キャンディーズの解散を宣言したのは伝説となりました。

その最中、伊藤が泣き叫びながら発言した「普通の女の子に戻りたい!」は、当時流行語になりました。

ランちゃんは、キャンディーズ解散コンサートと同時に芸能界を一時引退しましたが、後に復帰し女優業に専念するようになりました。

復帰後1979年5月18日午後11時半頃に、杉並区天沼の八幡通りを歩いている時に、後ろから来た乗用車にはねられ全治10日の怪我をしましたが車はそのまま逃走してしまいました。(ひどい話ですね。)

出演した主な作品は1980年(昭和55年)映画『ヒポクラテスたち』(大森一樹監督・作)に主演して本格的に女優復帰し、1981年(昭和56年)には夢の遊眠社の『少年狩り』(野田秀樹作・演出・主演)に出演。

以降、同劇団の舞台に主演を続け、座友的立場での客演をしていました。

数多くの映画・ドラマ・舞台をこなしていたようですが、私は当時テレビで放映されていた「オレゴンから愛シリーズ」とても好きでした。

スポンサーリンク

ランちゃん 私生活とスーちゃんとの別れ

1989年に俳優の水谷豊さんと結婚。翌1990年、長女の趣里(しゅり、2011年に女優デビュー)さんを出産しました。

水谷さんはランちゃんのファンだったようで、今でもランちゃんと呼んでいるそうです。

ラン2キャンディーズの解散後もメンバーだった藤村と田中とは定期的に会っていたようで、ランちゃんの家で集まっておしゃべりしていたこともあったようです。

3人の交流は田中が亡くなるまでずっと変わることなく続いていたようです。

本当に仲良しだったんですね(^^♪

2011年4月21日に田中が乳がんで死亡。

ランちゃんはミキちゃんと共に病室で7時間をも過ごして、田中の最期を看取ったという事です。

25日に行われたスーちゃんの葬儀では美樹ちゃんとともに弔辞を読みました。→以下に全文掲載

スポンサーリンク

【伊藤蘭弔辞全文】

スーさん、あなたが旅立つときに一人で寂しくないように、美樹さんと一緒に名前を何度も呼びました。

私たちの声はちゃんと届いていましたか? 時間がたって、大切な人を亡くした寂しさがこみ上げてきて、私たちは困惑しています。

お互い幼い中学生の時に出会い、その後キャンディーズで喜びも苦しみも共にし、
素晴らしい青春時代を過ごすことができました。

いつも春のように優しいほほ笑みで、私たちを包んでくれました。

その後も、女優としていい仕事をたくさんして、多くの人に感動を与えてくれました。

体のことを打ち明けられたときは、「なぜスーさんが」と悔しい気持ちでいっぱいでした。

本当はつらいはずなのに、いつも3人で会う時は「笑うときが一番の薬なのよ」と言って、
明るく楽しい時間を過ごし、反対に私たちの方が励まされていたような気がします。

3人の中では一番年下で甘えん坊だったスーさんが、いつの間にか強く、頼もしく、
心豊かな女性になっていたことに驚かされました。

お見舞いに行った時も、体調が思わしくないのにもかかわらず、私たちを気遣い、いつものようにユーモアを忘れない、本当にかわいいスーさんでしたね。

愛情いっぱいのご主人(小達)一雄さんや、スーさんが一番気にすー5かけていたお父さん、お姉さん、そのご家族、いつもそばに寄り添っていたマネジャーの丸尾さんのお気持ちを思うと、とても胸が痛みます。

私たちはみんな、大好きなあなたの笑顔を、そして最後まで病気と闘い、立派に生き抜いたその勇気を決して忘れることはありません。

それを支えになんとか頑張って生きていかなければ、と自分に言い聞かせています。

どうぞ私たちのことを見守っていてくださいね。

ただ、もう一度だけでいいから3人で会いたかったです。

約束していたのに果たされなかったのが残念でなりません。

だから、今はまださよならは言わずにおきますね。

いつか会えるときまでもう少しだけ待っていてね。

これからは、今までの心配や不安から解き放たれて、どうかゆっくり休んでほしいと思います。

美樹さんと私にとって、いつまでも特別な存在のスーさん。

心から感謝しています。

ありがとう、スーさん。ずっとずっと愛しています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください